パート2のポイント

Part2(一問一答問題) 問題数30問

TOEICのパート2は一問一答問題です。日常生活で相手に話しかけられた時の答え方が問われます。具体的には、質問される問いに対し、それに適した回答ができるかどうかが問われます。この種の問題で正答率を上げるには、問題に慣れておくことが一番です。会話にはパターンというものがあり、英文独特(あるいは英語を母国語とする人独特)の会話のパターンさえ分かっておけば、自然に回答が浮かんできます。 

パート2の問題文の半分が、5W1Hから始まる疑問文になっています。つまりWhere、When、What、Why、Who、Howです。このような問題が出てきたら、全文を聞き取ることなく回答することができるので、ラッキーだと思いましょう。最初の疑問符だけ聞き取ればいいのです。例えばWhereで始まる疑問文の場合、選択肢の中から「場所」について説明されている回答を選べばよいのです。また、疑問符から始まる問題が出てきたら、「Yes/No」で始まる回答をなるべく選ばないようにしましょう。そこに気を付けるだけでも、正答率が上がります。 

疑問文系の質問は、「Yes/No」から始まる選択肢を選べば、だいたい正解します。疑問文系とは、Do...(Does...)から始まる文章や、Are...(Were...)などから始まる文章のことです。しかし、YesやNoが省略されている場合もあるので、その点は注意が必要かもしれません。

勉強方法

パート2での勉強方法は本当に地味です。
パート2の30問の説明文と回答を音読しながらひたすらノートに書くようにしてみてください。それをひたすら繰り返すことにより問題の傾向が見えてきます。もちろん書くことによっていろいろなパターンも頭に入ってきます。
え~そんなことするの?と思う方もいらっしゃるでしょう。でもこの地味な勉強法が確実にレベルアップの道となります。

イーオン無料体験レッスン