パート1のポイント

パート1(描写問題)問題数10問 

TOEICのパート1は、描写問題です。日常生活でその状況を描写する相手の話を理解できるかどうかが問われます。試験問題が印刷された冊子に、各設問ごとに写真が掲載されていて、スピーカーから放送される音声を聞いて、その内容に一番適しているものを選択します。 

パート1の対策法としては、「英文が流れる前に、必ず写真を見ておく」というのが大切です。何も知らない状態でいきなり英文を聞く方法と、写真を見て、あらかじめ見立てを立てておいて、それに合う合わないで聞いていくのとでは正答率が違います。また、写真には載っていない単語、写真にはない動詞が使われる場合もあります。あらかじめ写真を見ておけば、その写真にはすぐ×をつけられるわけですから、考えるのが楽になります。パート1で使用される写真のパターンは、大きく分けて2種類あります。1つは人物が映っている写真、もう1つは風景(建物など)が映っている写真です。人物が映っている写真の場合、1人だけ他とは違う動作をしている人がいる場合があります。異なる動作をしている人物には、注意を払うようにしましょう。風景を写した写真の場合は、車や船の場所などをしっかり把握しておくと、リスニングの際の理解に役立ちます。 

パート1の問題を全て正答しようと思うと、かなり難しいかもしれません。ひっかけ問題もあるからです。1つの問題にとらわれて全体がうまく聞き取れなくなるよりも、「聞いてパッと分からないものはスルーする」くらいの楽な気持ちで臨みましょう。

イーオン無料体験レッスン